« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月23日 (月)

夜のドライブ

ドライブは大好きだけど、夜はもっと楽しい~。景色も昼とはまた違う。

今回は夜の湯布院に連れてってもらいました♪昼間の散策にはよく行くけど夜は初めて。当然、雑貨屋さんだとかカフェなんかは早い時間に閉まってしまうみたいですが、旅館の中のレストランや中心部から少し離れた場所にあるバーは開いています。^^

湯布院の街が見えてくると、高速から見える夜景がキレイ!!

少し山を上ったところにある「山荘 無量塔」 その中の「Tan’s bar」に行きました。

すっっごく素敵なバー。一度フロントを通って行くのですが、入る前からお洒落でセンスが良くて素敵。真ん中に大きな暖炉&アンティークのスピーカー。ソファも心地よくて 落ち着着きます。何といってもチョコレートが美味い!ということで、ショコラの盛り合わせと紅茶をオーダー。ほんとうに美味しかった☆とくにミントの生チョコレート♪とっても幸せな時間が過ごせました。次回はカクテル飲みたいなぁ。本来はチョコにワインを合わせるそうです。泊まりだったら飲めるかも。(ちなみに無量塔は1泊5万~らしいですが^^;)

帰りに金鱗湖でお散歩。小雨のなか、でも周りにある微かな光が水面に移りこんで すごいキレイ。湯気が出てるのも幻想的な感じ。

朝霧もキレイだろうなぁ・・。やっぱり湯布院は泊まりたい^^

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年10月21日 (土)

涙そうそう

映画を見に行きました。「涙そうそう」。

映画館に誰かと一緒に行くなんて何年かぶり・・。(映画は一人で見る派なもので。)

というか、映画見るのに 「コーラとポップコーン買おう!」とか言うから・・つい 「欧米か!」って突っ込んでしまいました。笑

普通買うものなの??^^;

映画に集中すると食べることなんて忘れちゃうよ~。と思うんだけどな。

涙そうそう。タイトルからして きっと泣いてしまうんじゃないか!って思ってたけど、そう思って見たせいもあってか大丈夫でした。でも面白かったです。台風のシーンなんて怖かったし>_<

ただ、ラストが思ってもみない展開で・・。ちょっとショックでした~。こんな終わり方嫌だ・・。

予告編を見て、次は何を見ようかなっと。   中では「手紙」っていうのが面白そう。東野圭吾原作らしいです。最近はホントに小説の映画化が多い。オリジナルの脚本で映画っていうのはなかなか出来ないのかなぁ・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月15日 (日)

若返る

髪を切りました。

ずっと長くて切りたくて切りたくてしょうがなくなってて、、、どうしようか、またパーマにしようかetc・・悩んでみたものの すっきりカットしてもらいました。

美容師さんに勧められた髪型に決定。自分で考えるより 客観的に見てもらった方が良いのかも。ひさしぶりに前髪もカット。ちょっと若くなった気分です。☆☆☆

自分的にはもう少し短く切りたかったんだけど、「それはやめた方がいいよ!」と きっぱりと言われてしまったので 長さ的にはそんなに短くなく、でも軽い感じです♪(もっと切ってたら きっと中学生みたいになっていたはず・・。恐ろしい!)お任せして良かった☆

髪を乾かすのも簡単。頭が軽い♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月12日 (木)

削る!2

2回目に作った カップとお皿、高台削りに行ってきました^^

2回目なのですが、やっぱり難しくて・・。時間のかかり過ぎでどんどん乾燥して、さらに削りにくいという悪循環  (’’;)

お皿は一度たれてしまったこともあり、厚めに作った分 削る量も多くなったのです。

でも途中からだんだんコツを思い出して楽しくなってきました。お皿は初めてなので焼き上がりが楽しみ♪

カップは始めから良い具合の厚さで作っていたので、削るところはほとんどなく、順調な感じ☆調子に乗って取っ手までつけちゃいました ^^     取っ手をつけるには、本体を削る時間に合わせて (乾き具合を調節するため)先に作っておかなければいけないのですが、そうなると さらに時間が気になって焦る2。   「今の自分の技術ではこれくらい」と思って 仕上げました。  

この二つ、色を決めるのもまた楽しみです。最初はセットの予定だったけど、大きさもバラバラだから 別々でも良いかなぁとも思い始めたりして。

やっぱり2回目でお皿はダメみたいです^^笑      甘かった~

ちゃんと、まずはカップからマスターしなければっ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

晴天

10月8日快晴。

結婚式に出席してきました。(もう最後にしたい)赤い振袖を着て。笑

二人の幸せそうな姿を見れたことが何より嬉しかった♪  4時間というなが~い披露宴は、笑顔&感動&サプライズが詰まった とっても素敵な式でした。新郎新婦とも何を着ても似合うし^^  美男美女☆  純白のウエディングドレスにティアラも、もちろん素敵だったけど 一番は桜色の打ち掛け姿!新郎の袴もかっこいい。やっぱり和装は良いなぁ♪

2人が付きあうきっかけとなったのが、私の失言(?)だったりする。笑      なので内緒だった結婚の話も 早いうちから知らせてくれていて、この日がとても楽しみでした☆☆

その頃たくさん相談にものってもらっていたし、感謝でいっぱいです♪

そして2次会はレトロなお店(・・といってもロカビリー◇な音楽LIVEをやってくれる、雰囲気のあるバーといった感じ。)ここでも二人にはサプライズもあり、涙ありのとても甘い?幸せに満ちた時間でしたっ。

結婚式のあとって必ず(といっていい程)自分も結婚したくなってしまうもの。

なんて・・いつになることか。笑

この日は素敵な出会いもあったので いろんな縁が繋がっていったら良いなぁ。と思います***    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

完成しました!初ろくろ体験~のお湯のみ☆

希望通りの渋い感じに仕上がって 大満足♪ちょっとデッカイけど^^; 美味しいお茶が飲めそうです。抹茶アイスとかで和パフェ作っても可愛いだろうなぁ☆☆^^

2006_1004kimono0050 薬をかけるのも初体験で、とても緊張・・。3秒以上つけていると、焼いたときに流れてしまうらしいので、慎重に。

慎重にやりすぎてて、「落とさないようにね」という先生の言葉の5秒後には しっかり薬の中に落としてました。(+_+;)  すぐに先生が救出してくれたので良かったものの・・・やばいところだったー・・。「言ったそばから落すかなぁ・・」と、先生もあきれ顔^^;  ごめんなさい。笑

2個目のときは ちゃんと3秒で引き上げれました!!でも~こんなに素敵に仕上がって嬉しい♪      2006_1004kimono0049 ☆ほとんど先生に助けてもらったからなんだけど。

で、調子にのって、今日はまた新しく1キロの土を使って カップとお皿をセットで作ってきました。カップですら上手く出来ないのに お皿なんて・・。って、やっぱり難しかったです。なんだかカップは小さいし、お皿は逆に大きいし、アンバランス!いったいどうなることか。

お皿は、回しすぎで途中一度垂れてしまったものの、奇跡の復活!このまま上手くいけばいいけど。来週が心配です。&楽しみ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

2006_1003kimono00444回目・・いや5回目?の和裁です。かなり久しぶり。先輩との予定がぜんぜん合わなくて、長いこと作りかけを放置していたので しわしわになってしまいました・・^^;

今回にしてやっと、やっと完成・・・・間近。あとはお袖をくっつけて、襟をとじたら出来上がり~。

いちばん苦労した所といえば、やっぱり“つり合い”でしょう。放置していたせいもあるけれど、表地が縮みやすい生地のため、ふくろが入ってしまうのです。それを何度も何度も吊っては はぎを縫い直さなければいけません。これがホントに苦手で・・・;(イライラ いらいら してくる!!^^;)    

でも、もう一つ苦手だった褄型はかなり褒めてもらえましたっっ^^ 

2006_1003kimono0046 お袖の柄は こんな感じに。所々がラメっててかわいい。色は地味だけど・・。

袖もつけた後には 裄かぶりを見なければいけないので、そこも頑張らないとっ。次回こそは完成したいなぁ。

☆和裁を習いに行った日は、一緒にご飯作って、おやつには私がおみやげに買っていったおやつを食べてって 食べまくりで。あんまり作ってる時間がないような気が・・・。(だから完成しないのかも >_<;)

しかし今回も食べまくり。久々に外にランチに行きました。温泉街でとても雰囲気が良い感じ♪建物が素敵です。さすが別府♪

そして、なんとパスタが壷に入っている!びっくり。なぜ壷??疑問は残るものの美味しかったし面白かった~。本当はケーキが美味しいお店ってことで行ったのに「本日ケーキはありません。」とのこと。残念・・。すっかりケーキモードだったため、帰りにケーキ屋さんでケーキを買って帰りました。もちろんおやつの時間のために!笑

食べに行ってるんだか縫いに行ってるんだか・・・^^     ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »